1. HOME
  2. 神社
  3. 加恵瑠神社【下呂温泉街 加恵瑠大明神からお告げを頂ける神社】
神社
加恵瑠神社

加恵瑠神社【下呂温泉街 加恵瑠大明神からお告げを頂ける神社】

神社

41

加恵瑠神社

加恵瑠神社 全景

加恵瑠神社(かえるじんじゃ)が鎮座するのは、岐阜県下呂市、下呂温泉街、湯の島通り。
平成22年(西暦2010年)7月、下呂温泉街の新しい観光名所として誕生しました。
御祭神は加恵瑠大明神(かえるだいみょうじん)です。

もともとこの地は「本陣 飛騨屋 武川久兵衛宅址」でした。
日本国中を測量し、初めて実測による日本地図を完成させた「伊能忠敬」先生がこちらに宿泊されたそうで、入口の隅に「伊能忠敬測量宿泊跡地」と彫られた石碑が立っています。

伊能忠敬 日本を測量した男 (河出文庫) [ 童門 冬二 ]

価格:924円
(2022/6/30 16:43時点)
感想(3件)

加恵瑠神社縁起

加恵瑠神社 縁起

加恵瑠神社縁起

 古今、洋の東西を問わず、およそ生きとし生けるもの、森羅万象ことごとくに精が宿るものとされ、これを神として崇める慣習がある。
 即ち、火には火の精(神)、水には水の精(神)があり、人それぞれ国、土地柄により関わり深いものの精をもって守護、厄除け、願事成就の神として祀られている。
 当、加恵瑠神社の御神体は蛙(蟇)の精であり、全国唯一の神である。
 そもそも蛙は、下等脊椎動物と高等脊椎動物との中間移向型を示すとともに水中、陸上何れにもよく順応する優れた特性を持ち学術的にも極めて貴重な動物である。
 即ち、釈尊が天上天下を指して宇宙空間における自己の尊厳を示された如くに似て、動物界の高等下等の間にあって、驕ることなく、遜ることなく平らかなる生き様を会得し、人にその範を示す。
 加恵瑠神社の信仰は、その精に肖って優れた特性を授かり、諸願成就の功徳を願わんとするものである。

鳥居・石灯籠・のぼり旗

加恵瑠神社 境内

真っ先に目に入るのは「下呂温泉かえる神社」と書かれた緑ののぼり旗でしょうか。
参道に設置された石灯籠の窓もカエルの形。
あちらこちらにカエルが見られます。

手水舎

加恵瑠神社 カエルの手水舎

手水舎で水を注いでいるのもカエルです。

社殿

加恵瑠神社 社殿

社殿内です。
中央に御神体の加恵瑠大明神、左手は絵馬掛け、右手はおみくじ掛け。
絵馬、おみくじ、どちらも社殿の中でお求め頂けます。

絵馬:一枚 300円
おみくじ:一枚 100円

加恵瑠大明神

加恵瑠神社 加恵瑠大明神

加恵瑠大明神

御賽銭を奉納すると加恵瑠大明神のお告げを聞くことができます。

加恵瑠神社

お賽銭箱へお賽銭を奉納して、待つこと約5秒。
どこからともなく加恵瑠大明神のお告げが聞こえてきます。
私へのお告げは『お金が溢れカエルでしょう。ゲロゲロ。』
溢れかえったらお礼参りに伺わせて頂きます。
ありがとうございました。

場所

〒509-2202 岐阜県下呂市湯之島543‐2
加恵瑠神社

PVアクセスランキング にほんブログ村



中川学『招福図案』御朱印帳
十二支御守本尊


中川学『招福図案』御朱印帳
日本曼荼羅


PVアクセスランキング にほんブログ村