1. HOME
  2. 寺院
  3. 虎渓山 登僊嶺 保寿院(臨済宗南禅寺派) 写真紀行
寺院
虎渓山登僊嶺保寿院

虎渓山 登僊嶺 保寿院(臨済宗南禅寺派) 写真紀行

寺院

117

永保寺を参拝したのち、観音堂の裏手、六角堂の脇を通り、保寿院へ。

天候は回復する兆しはありませんが、移動中の土砂降りを考えれば止んでいるだけありがたいです。

虎渓山 登僊嶺 保寿院

虎渓山登僊嶺保寿院 案内板

虎渓山 登僊嶺 保寿院(こけいざん とうせんれい ほじゅいん)

臨済宗南禅寺派の寺院で、一三四一年に永保寺第三世の果山正位禅師により創建されました。
境内の枝垂れ桜は四月中旬が見頃です。

虎渓山登僊嶺保寿院 案内板

三門

虎渓山登僊嶺保寿院 三門正面

朱色が鮮やかな三門です。
二階部分に優雅に舞う飛天が描かれています。
岐阜県東濃地方では朱塗りの三門は珍しいそうです。

虎渓山登僊嶺保寿院 三門飛天

本堂・庫裡

虎渓山登僊嶺保寿院 本堂

現在の本堂は大正四年に再建、平成六年に大改修が行われたそうです。
本堂の右手の庫裡、大方玄関は昭和六十年頃に改築されたもので、当時の建築規制に合わせて屋根が緩やかになっていて、モダンな印象を受けます。

虎渓山登僊嶺保寿院 庫裡

僊霊塔

虎渓山登僊嶺保寿院 僊霊塔

本堂の左手に、魚籃観音菩薩、水子地藏、水子供養塔があり、その先に歴代のご住職をお祀りする僊霊塔(せんれいとう)が建っています。
僊霊塔の向かって左には、子供を抱いた子守地藏尊。
右には、虎渓三十三観音第三十二番、千手観音石像が祀られています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

場所

〒507-0014
岐阜県多治見市虎渓山町1丁目40
虎渓山登僊嶺保寿院



中川学『招福図案』御朱印帳
十二支御守本尊


中川学『招福図案』御朱印帳
日本曼荼羅