1. HOME
  2. 寺院
  3. 大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 日本三大観音 写真紀行
寺院
大須観音(北野山 真福寺 寶生院)

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 日本三大観音 写真紀行

寺院

1035

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 一頁

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 普門殿・本堂・紫雲殿

大須観音の正式な名称は『北野山 真福寺 宝生院(きたのさん しんぷくじ ほうしょういん)』。
真言宗智山派の別格本山で、日本三大観音の一つに数えられるほどの格式高い観音霊場です。

  • 尾張三十三観音霊場 第一番札所
  • 東海三十六不動尊霊場 第十番札所
  • 大名古屋八十八ヶ所霊場 第八十八番札所
  • なごや七福神 布袋霊場
  • 大名古屋十二支 主管寺

昭和20年(西暦1945年)の名古屋大空襲で焼失し、現在のお堂は昭和45年(西暦1970年)に鉄筋コンクリートで再建されたもの。
朱塗りの美しい佇まいです。

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 略縁起

仁王門

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 仁王門

両脇に仁王像が安置された朱塗りの南門。

手水舎

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 手水舎

観音様のいらっしゃる手水舎。
観音様がお持ちの水瓶からちょろちょろと水が出ています。
その水が観音様の足元に溜まるようで、鳩が水を飲みにやってきています。
なので一見しただけだと鳩の水やり場に見えるかも(汗)
手水は正面に二箇所、蛇口から水が流れていますので、それを手に受けて清めます。

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 手水舎

鐘楼

手水舎のすぐ北隣に鐘楼があります。
このあと本堂へ向かう前に、まずは境内を時計回りに進み、石碑等を見て、本堂左側の普門殿を参拝することにします。

芭蕉句碑

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 芭蕉句碑

仁王門から境内に入ってすぐ左手にある芭蕉句碑。
松尾芭蕉翁の句『いざさらば 雪みにころぶ 所まで』が刻まれています。

弘法大師修行像

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 弘法大師修行像

弘法大師・空海上人が修行をされているお姿。
『修行大師像』と呼ばれ、真言宗のお寺によく見受けられます。
お遍路に行くことが出来ない人が参拝すると、その人の代わりにお遍路に行ってくださるそうな。

大正琴碑

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 大正琴碑

大正琴発祥の地(名古屋市大須)の記念碑です。
毎年九月に『大正琴大祭』が行われます。

自動車祈祷殿

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 自動車祈祷殿

西門から一旦外に出てすぐ左手のお堂。
自動車の祈祷をして頂けます。

人形塚

大須観音(北野山 真福寺 寶生院) 人形供養塔

人形ってなかなか処分しづらいのですが、こちらで供養して頂くことができます。
人形供養祭は毎年十月第一木曜日に行われます。
受付は当日のみなので、その日の午前中に直接持っていく必要があります。

続いて普門殿、十二支守り本尊奉安所へ参拝に行きます。

※写真が多く表示が重くなるのでページを分割しています。
 二頁は普門殿、三頁は本堂を中心とした記事になっています。



中川学『招福図案』御朱印帳 日本曼荼羅


中川学『招福図案』御朱印帳 十二支御守本尊


中川学『招福図案』御朱印帳
十二支御守本尊


中川学『招福図案』御朱印帳
日本曼荼羅